マンションやアパート投資を行うと、家賃が入ってきたり、自分の資産としても残るものなので良い点が何個かあります。しかし、アパートやマンションの投資も人が入居して家賃などを請求することができるので、誰も入って来なければ収入を得ることはできません。
しかも、アパートもマンションも建造物なのでそれなりに維持費や修理費などもかかります。
知人の体験ですが、経営しているマンションの入居者があるとき風呂場の排水溝が流れにくくなったので、確認しに行ってみると、髪の毛がかなり詰まっていた様子、そのため髪の毛の詰まり具合を直すため業者を呼んだようです。この業者の費用は今回だけ経営している知人が費用を払ったようですが、入居者の使い方によってはいろんな出費もあるということが分かります。
また建てられてから長く経っているマンションなので壁なども質が悪くなってきており、壁紙を張り替えたりすることも必要なようです。マンションのデザインが古かったり、汚く見えたりすると入居者が入ってこなくなることがあるので、その点も管理することが必要なようです。
マンションやアパートにもいろんな保険に加入することが必要なのですが、全てに内容の保険に加入するなら、費用も大きくなるので、どの内容の保険に入るのかもしっかりと考えなければならないようです。火災保険などもアパート全ての場所に保険をかけるのか、ある部分だけ保険をかけるかによって保険の料金も変わってくるので、そこを見極めて入る必要があるようです。
アパートやマンションの大きさが大きいならば全焼はほぼないので、ある部分だけ保険をかければ良くて全てにかける必要はありません。その保険選びも間違うと出費や損失になるので重要です。
アパートやマンション投資にもメリットがありますが、経営するのは楽ではないと思います。それなりの知識も身につけておかなければ損をすることになることもあるので、注意が必要だと思います。

PR|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|家計見直しクラブ|JALカード|童話|英語上達の秘訣|お小遣いNET|生命保険の選び方|SEOアクセスアップ相互リンク集|貯蓄|サプリメント|内職 アルバイト|オーディオ