マンションを選ぶ時には周りも意識しよう

マンションを選ぶ時に、大阪で不動産投資が目的だったので便利さだけを考えてしまったんです。そのおかげで、すごく便利な所に住めました。
まずは、市役所に近い所。知らない土地で市役所に行くのってけっこう大変なんですよね。なので、市役所まで徒歩10分以内の場所を選びました。だから何かととても便利です。そして、コンビニも郵便局も銀行も近くて、スーパーやドラッグストアも近いので、こんなに良い場所はないと思ったんです。でも、実際に住んでみたら確かに便利な場所ではあるのですが、コンビニは古いし、道はデコボコしてるし、賑やかな場所だから夜中になると酔っぱらいが歩いていくし、バス停が近いからしょっちゅうバスが来るのでうるさいし、と。ちょっと想像と違いました。確かに、天気の事を考えると銀行や郵便局が近い方が良いと思いますが、出来ればもう少し都会的な所が良かったかな。と、少しだけ後悔しました。
便利と充実しているというのは違うんだな。と、つくづく実感しました。

マンションを選ぶ時のよいポイントとは

不動産投資のための投資マンションにおいて選ぶポイントというのはどう考えても土地になります。良い土地であるのか、ということが大事になります。辺鄙なところにあるマンションとというのは安いでしょうが、いざ売るときには厳しいということかぎあります。そうしたことがありますから、基本的にはなんといってもよい土地であり、例えば駅から近いとかそうしたことが必要になるといえるでしょう。こうしたことがはっきりとわかっているのであれば、十分によいマンションを選ぶことができるようになるでしょう。

 

それと新築に拘ることはない、ということがあります。はっきりいってマンションというのはかなり頑丈になりますから、多少古い場合でも耐震性的には問題ないことがあります。但し、新基準の建築基準法以降に出来たマンションであること、ということは大きなポイントであるといえるでしょう。そこがはっきりとしていますから、施工された年月は確認しましょう。築年数ではなく、作られた年度を見ることが基本になってくるわけです。

今は住みよい土地でも、今後は?

収益物件のための土地選びの際、場所はもちろん、周辺の状況もしっかり確認が必要です。
その中でも、特にチェックしたいのが、今後の開発状況。
現状は戸建てが多くのんびりした土地であっても、それ故突然大型商業施設や大きなマンションが建設される可能性があります。
周辺道路の混雑や日当たりの問題など、せっかく建てる自分の家が住みにくい地域になってしまうと残念ですよね。
これらが建つまでの工事の音にもかなり悩まされることになります。
もしもこのような開発を敬遠するようであれば、高層階の建物を建てられないように決められている土地を選ぶことをおすすめします。
土地探しに不動産屋さんやハウスメーカーの方を利用するのであれば、周辺の土地の建設条件を調べてくれますので、是非チェックしておいてください。
ご近所さんの人となりと同じくらい気になる、周囲の環境の変化について。
先に知ったうえで、それでもその土地を選ぶのであれば、家の建て方を考えることもできます。

ローンの審査が降りたところです

築1年未満のマンションを先月契約しました。ローンの審査が降りたところです。 将来的には投資マンションとしても活用したいです。

決め手は
・立地。
都心で夫の会社まで徒歩10分以内交通費が節約できます(笑)

・価格と広さ。
今住んでいる賃貸が160で超狭いので、せめて200は欲しいと思ったところ、私達の予算ではまず無理だったのですが、売主が売り急いでいたため、同じマンションの下のフロアの小さな間取りの部屋よりも1000万以上安くしてもらって、広さも念願の200超え!とってもお買い得でした♪
いわく付き物件とかでもないですw

・駐車場2台
車は使わなくても生活できるけど、趣味で、夫婦で1台ずつ持っているので、駐車場2台付いていると便利です。

・南東の角部屋で日当たり抜群
日当たりは重要なので、午前と午後、時間帯を変えて何回か内覧させてもらいました。

逆に断念した条件は眺望です
何しろ3階なので、ノービュー。
以前新宿の都庁近くのマンションの最上階に住んでいた時は、夜景も東京タワーそして富士山もよく見えて最高でした。芸能人もたくさん住んでいたので、エレベーターでよく一緒になりました。遠い目

新しくて、安くて、広くて、立地も良くて、景色もいいなんて完璧なところはなかなかないですね

マンション購入で後悔したこと

私たちは2年前にマンション探しをしていました。

子供も出来て、そろそろ賃貸のアパートでは手狭になってきたので、利回りの良い収益物件探しも兼ねて家族で住めるようなマンションを探すことにしたのです。

 

 

お金に余裕があったわけではないので、新築ではなく中古物件が条件でした。

あと優先していた条件は、駅から近いことくらいです。

その他は古さなどは、築20年ほどまで許容範囲で探しました。

5件ほど内見をして、そこから主人と気に入った物件を絞って、いよいよ購入となったのです。

 

 

私たちが望んでいたように、駅から徒歩10分ほどの中古マンションでした。

築年数も15年と条件の範囲内でしたので、住むのがとても楽しみでした。

購入を決めてから住むまで1ヶ月ほどでしたが、住んでみて始めて知った事実がありました。

 

 

それは初めてマンションの会合に参加したときに知ったのですが、住人の中でペットを飼っている人が数名いたのです。

ペット不可のマンションのはずでしたが、飼ってしまったものは仕方ないということで、次第に飼う人が増えたそうです。

事前に知っていたなら買いませんでした。高い買い物なので、事前にもっと調べていたならと後悔しました。

マンション選びのコツとなることは

収益物件のためのマンション選びは基本的には自分の収入から考えることです。つまりは、どのくらいの金額までであれば、買えるのか問題はないのか、ということです。マンションというのは特に維持費がかなりかかることになります。そこが難しい問題となることでしょう。土地も同じようなことになります。マンションの場合はそこに住むことを期待できるのですから、そこが選び方のポイントになります。

 

マンションはいくつも需要があるのは確かではありますが基本は住むことです。選び方の基本は自分にとってそこに住むメリットがあるのかどうか、そしてそれを買うことができる収入があるのか、お金を借りるのであれば返済計画が立てられるのか、ということから考えるようにしましょう。よい物件でも買うことができないのであれば意味がないですし、買うことができても住むメリットが自分にないのであれば買う意味がないわけです。この両方をクリアする物件が最高なわけになります。

地名の由来を知ることで土地の歴史が分かる

マンションなどの不動産でも、賃貸であれば解約して容易に引っ越すことができますが、長期の住宅ローンを組んで購入した場合は手放すことも困難、そのため不動産を探す場合は慎重にならなければなりません。アメリカであれば、どこの不動産屋でも同じ情報を得られますが、日本では不動産屋によって扱う物件が異なります。
ネットが普及した今日では、パソコンやスマホを使って不動産情報を知ることが出来ますが、好条件な物件は容易に処分出来るため、わざわざネットに載せることはなく、一般の方がネットで調べても良い物件を得ることは困難です。不動産投資の利回りが良いメリットの多いマンションは特にです。不動産を探す場合は、実際に現地に訪れることが重要、直感的に不安を感じたら値段が安くても即決は禁物です。
地名は土地の生い立ちに由来することが多く、町名の由来を知ることで、どのような土地かを把握することが出来ます。図書館ではその土地の歴史を知ることが出来ますが、近くに図書館がなければその土地の鎮守神が祀られている神社を訪れると、宮司さんや檀家さんから土地の情報を入手することが出来ます。歴史のある古い建造物が多い地域は、地震や津波などの天災が少ない証、また歴史を残そうとする町は住民間の繋がりが強いため、心強い反面、付き合いが苦手な方にとっては面倒と感じます。

値段が気になって土地が選べないなら

もし気に入っているハウスメーカーがあるなら、そこの平均坪単価を見て早々に諦めるのは賢明ではないと思います。何故なら、ネットで言われている坪単価はそれを書いた人が買った商品においての坪単価であり、他の商品ではもっと安いものがある場合が多いからです。それなら土地を広くしても予算内に収まるかもしれません。
例えば坪単価80万円と言われているハウスメーカーでも、若い世代をターゲットにしたより安い商品が用意されています。だからもしハウスメーカーのコンセプトや外観デザインが気に入っているのに、値段面で諦めざるを得ないと思っているなら、安い商品が本当に他にないか調べる必要があります。
時間と手間を惜しまないのであれば、直接営業マンに会って話を聞きましょう。この時、気になっている複数社と比較しながら行くのが良いです。比較対象があることで、言われた金額が高いのか低いのかわかるからです。良い提案があれば仮のプランで見積もりを取ってもらいましょう。投資物件選びをする時にも同じことが言えるでしょう。

マンションと学校との距離をチェック

子供が小学生になる時期に合わせて、関西で投資マンション探しを始めました。マンションはなるべくファミリー世帯が多く住んでいるところを探し、そして学校までの距離や通学路などはチェックしておきました。駅近くのマンションだと、学校まで遠いことがあり、交通量など多いところも多々あるため、なるべく交通量があまり多くないような通学路を希望してマンション探しを行いました。朝は特に交通量が多くなるため、歩行者・自転車・車の行き来など全て確認しました。平日の朝、交通量が多い時間帯に通学路をチェックしておき、ここなら大丈夫と思ったマンションを購入しました。やはり場所によっては、何度も事故が発生しているような通学路もありますし、色々と調べるうちに通学路について理解できるようになりました。地元の商店の方へ色々話しを聞いたりしたので、けっこう地元の方が多いところは道の状況も詳しく教えてくれますし、子育てしやすいかどうか確認できました。