近所の老夫婦が亡くなられた後に100坪ほど息子さんが相続されたお宅がありました。
その息子さんは学生時代の先輩だったこともあり、どうされるのかお話を伺ったことがありました。
実家を出られていた状態なのでその土地に戻ることはなく売ってしまうか、京都で開催されている不動産投資セミナーに参加しながら土地有効活用の方法を探っている状態なのだと聞きました。
結局、土地を売らずに駐車場としての活用をされることになったようです。というのも、土地の売却価格の金額が思ったほどのものではなく、今後若干の土地価格の上昇が見込めそうなことも売却ではなく駐車場で賃料収入を得る方法を選択されたようでした。
時期を見て売却も検討されているようですが、売り時を見極めるのが難しいようです。
駐車場経営のために舗装したり、パーキングメーターを設置したりと大変そうだと思いながら見ていましたが、最近ではそういった物件を扱う業者さんがいるらしくそちらにお任せして運営してもらっているらしいことを聞きました。
相続で土地を所有することの可能性がないこともないので、その後の土地有効活用は様々なことを考えておく必要がありそうです。