知人がマンションに住んでいますが羨ましく思うことがあります。理由はそのマンションの管理費と修繕積立金が安いからです。安いと維持管理の内容が心配ですが知人に聞く限りではきちんと必要な管理、修繕がなされています。私が以前住んでいたマンションと同じような感じなのに私達は毎月、倍近くの管理費、修繕積立金を支払っていました。築年数や総戸数、機械式駐車場の有無等の条件もそれほど変わらないのになぜこんなに物件によって管理費や修繕積立金が異なるのかわかりません。友人は梅田で不動産投資リスクセミナーまで参加していました

ネットで調べてみると地域によってあるいは建設された年代によって高い安いの傾向があることもわかりました。バブル期に建てられ、驚くほど維持費が高い物件を目にしたこともあります。維持費が高いからといって特別な修繕がされているわけでもないこともあり、一方で高いと思ったら全ての住戸で一斉に二重サッシに取り替えられていたり、その維持費だけで物件の良し悪しがわからないのがマンション選びを難しくさせている感じがしました。

マンション選びでは管理費や修繕積立金の金額だけでなく、中身をチェックすることが大事だと思います。