不動産投資のための投資マンションにおいて選ぶポイントというのはどう考えても土地になります。良い土地であるのか、ということが大事になります。辺鄙なところにあるマンションとというのは安いでしょうが、いざ売るときには厳しいということかぎあります。そうしたことがありますから、基本的にはなんといってもよい土地であり、例えば駅から近いとかそうしたことが必要になるといえるでしょう。こうしたことがはっきりとわかっているのであれば、十分によいマンションを選ぶことができるようになるでしょう。

 

それと新築に拘ることはない、ということがあります。はっきりいってマンションというのはかなり頑丈になりますから、多少古い場合でも耐震性的には問題ないことがあります。但し、新基準の建築基準法以降に出来たマンションであること、ということは大きなポイントであるといえるでしょう。そこがはっきりとしていますから、施工された年月は確認しましょう。築年数ではなく、作られた年度を見ることが基本になってくるわけです。